脱毛や薄毛に悩んでいる人は、実に成人男性の3割といわれています。
まれに女性も発症することがありますが、それらは主に遺伝や老化、食生活などの生活習慣、さまざまな要素に起因します。
いわゆる若ハゲに悩む人ほど、羞恥心が先立ち、なかなか手当てに踏み切れないようですが、まずは自己治療を試してみることです。

 

自分でできる治療法として、まず頭皮マッサージがあります。
頭皮の血行をよくすることで髪を作る毛乳頭細胞の動きが活発になり、栄養が毛根や髪に行き渡るようになります。
そして薬用シャンプーで丁寧に洗髪しましょう。
頭皮の毛穴の詰まりをきれいに洗浄することによって、育毛剤の成分が浸透しやすくなります。
毛細血管を拡張させて脱毛しにくい毛髪を生成するのが育毛剤は比較的安価で手に入り、継続して使いやすいです。

 

薄毛が老化に伴うものであれば、全身の若返り・健康を維持することで抜け毛は防げます。
動物性タンパクや酒量の過剰摂取も髪に悪影響です。髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質ですので、良質なタンパク質を摂取することで髪の成分を補給することができます。
また髪は夜に成長しますから、十分な睡眠を取ることで毛髪の成長を促進させます。
毛髪の悩みを抱える人は、まず我が身を振り返り、規則正しい生活を送ることが大切です。

 

いまやメディアで大きく取り上げられ、テレビラジオCMなどにより薄毛で悩む人たちの社会的な認知度は上がっています。

 

自力での治療を長く続けてもなかなか効果が現れない場合、専門病院で相談してみるのもオススメです。